ISLのインターン生からのメッセージ


▼ 新たな視点、気付きに出会う瞬間。それは自分の知見の狭さを自覚させ、さらなる成長への礎となる瞬間でもある。
このキャンプはそのような瞬間に出会える場にきっとなると思います。 渡辺嶺也(国際基督教大学3年)

 

 

▼ みなさんが「社会に」関心のある事ってなんですか?U18でみなさんの問題意識を、世代・出身・立場等の異なる人たちと存分に議論して、想いを形にしてください! 大久保貴史(慶応義塾大学4年)

 

 

▼ いたずらに時を過ごした中高時代と、社会に関心を抱き、視野が広がった大学時代。変わったきっかけは、マンネリ化した生活と180度違う世界へ足を踏み入れたこと。 多くの出会いと気づきの機会を秘めた、刺激ある今回のキャンプがみなさんにとって新たな世界の入り口になれば―。 馮 年(東京大学3年)

 

▼ 1人よりも2人、2人よりも3人。足し算だけでなくて掛け算。
今年の夏が、仲間を見つけて新しいものを創っていけるようなキッカケになるよう応援しています! 安川瑛美(一橋大学 修士2年)

 

 

▼ 僕たちは、これから半世紀以上にわたって、日本や世界にかかわって生きていきます。世界を変える可能性を持ちます。
私は、そういった意欲に満ちて、行動している皆さんを尊敬します。皆さんの想いを、夢を、U18サマーキャンプにぶつけてください! 西田尚史(東京大学3年)

 

▼ ビジョンを描き、その実現の可能性に挑戦すること。失敗を恐れずに、勇気を振り絞って一歩踏み出すこと。
U18リーダーズ・キャンプでは、行動する大人、そして同世代の仲間と共に過ごし、そのことが間違っていなかったんだと、再認識できる場所です。 神馬 光滋(国際基督教大学4年)